ブルガリアのトルコ国境からハスコヴォ、ソフィア、ルセと旅した2004年の旅の写真。

ブルガリアの写真はヨーロッパの写真と旅行記の「sawadee!!kikou」に掲載

HOME > 訪問した街の写真 > ブルガリアの写真 > ブルガリアの写真INDEX/東ヨーロッパの写真と旅行記の「sawadee!!kikou」

ブルガリアの町やエリア別INDEX

バルカン半島の退廃美の国。

ブルガリアという国について、旅する前は何もイメージが浮かばなかった。チェコやハンガリーなど、有名な東欧の国々へ、トルコから向かうためには、通らなければならない場所として認識していたのだ。だが、入国してそのイメージは覆された。とても特徴的で美しい国だったのである。
首都ソフィアを筆頭にどの町にも、キラキラした見た目の輝かしい美しさは一切ない。経済的に裕福でないから新しいものなんて存在しない。社会主義体制が崩壊した当時の面影を残す町並みは、時に「灰色」と言われるが、私にはそうは見えなかった。たくましく、つつましやかに生きる人々や、朽ち果てた建物が草木に覆われてゆく様は、無理な経済発展をしてきた国よりも、なんだかごく自然な地球上の営みとして見えたのだった。

※現在、ブルガリアで撮影した写真が少ないため、コンテンツはひとつとなっております。理由は、初めての東欧でビビってカメラを出せなかったこと、アジアから急に東欧旧社会主義国家にやって来て、撮影対象の様相がガラリと変わったこと、不勉強で撮影ポイントが明確でなかったことです。次こそは…ということで、現状では1コンテンツのみですがお楽しみいただければ幸いです。

クリック先のページは全面黒色のデザインとなります。ビックリなさらぬようお願いいたします。戻るときは各所にテキストリンクを設けていますが、ブラウザの「戻る」ボタンで戻っていただく方が手っ取り早いかと思います。

ブルガリア国内写真のスペシャルコンテンツ『旅写記』

ブルガリアのソフィアからルセまでの電車旅の写真と旅行記

ブルガリア2004

2004年のブルガリアは、1989年に社会主義政権が倒れて15年の月日が経過していた。生産力を持つ国や外交能力が高い国は、国際社会での地位を高めていったが、ブルガリアは取り残されたと言ってもいい。人々は戸惑い、苦労しながら生活を続けている。国鉄の線路には草が生え、工場の窓ガラスは割れていた。だからダメかというと、それは逆だった。生命の輝きは、そんな物質的なことで決定することができないのだ。
旅行時期:2004年5月
LinkIcon「ブルガリア2004」を見る

リピートしたい場所:ソフィア、ハスコヴォ
次回以降に狙っている未到達の場所:ドナウデルタ、リラの僧院、ソフィア南部のスキー場

What's New

※過去3か月分の更新履歴です

※写真レンタル承ります。各種取材・撮影・執筆を承ります(雑誌『庭』の連載など執筆実績が通年けっこうあります)。地震や津波など各種防災関係取材・撮影・執筆承ります。
>>お問合せはコチラから(greenmist経由)