パキスタンのペシャワール、フンザ、ラワールピンディ、ラホール、ワガボーダー国旗降納式の写真。

パキスタンの写真はアジアの写真と旅行記の「sawadee!!kikou」に掲載

HOME > 訪問した街の写真 > パキスタンの写真 > パキスタンの写真INDEX/アジアの写真と旅行記の「sawadee!!kikou」

パキスタンの町やエリア別INDEX

イスラムの南アジア。長寿の里、フンザ。

パキスタンの美しさは、行かなければ分からない。砂の香り、イスラムの掟、肉とフルーツ。これらはパキスタン中部と南部の文化だが、北部と西部は大きく異なる。北は風の谷カリマバードを中心に、インダス川と山岳地帯が織りなす桃源郷。西部は、いまやニュースを賑わせているパシュトゥン人の部族地帯。その入り口にペシャワールは位置する。
どこを旅しても、お隣の国のインドやイラン、アフガニスタンとは違った風土や風習がきちんと確立されており、文化的な面白さを感じる国だった。訪れてみて「なぜ、おれはインドにリピートしてばかりで、パキスタンに来なかったんだろう…」と思ったほど。とにかく人は優しく、イスラム教の人たちの魅力とは何かが見える国だった。

クリック先のページは全面黒色のデザインとなります。ビックリなさらぬようお願いいたします。戻るときは各所にテキストリンクを設けていますが、ブラウザの「戻る」ボタンで戻っていただく方が手っ取り早いかと思います。

パキスタン国内写真のスペシャルコンテンツ『旅写記』

パキスタン・インド国境、ワガボーダーの国旗降納式

ラホールの国旗降納式

インドとパキスタンは仲が悪い。国境が定まっていないエリアがあり、宗教的観点からも争いが絶えない。数年ごとにデリーなどでテロが起こり、核弾頭ミサイル開発競争など、世界も両国の関係を「紛争」と捉えている。
もちろん、その紛争を私のような一般の旅行者が覗き見ようとは思わないが、一端をイベントとして見ることができる場所があった。ワガボーダー。旅行者が唯一通過できる印パ国境である。
旅行時期:2004年3月
LinkIcon「国旗降納式」を見る

パキスタン国内の訪問した町・エリア

インドから最初の町ラホール(パキスタンの写真)

ラホール (Lahore)

ムガール帝国の城『ラホール城』や南アジア最大のモスク『バードシャーヒー・モスク』、のんびりとしたラホールでは、今日も髭まみれのオヤジたちがアイスクリームを食らっている。
旅行時期:2004年3月
LinkIcon「ラホールの写真」を見る

商業都市ラワールピンディーは下街文化がナイス(パキスタンの写真)

ラワールピンディ(Rawal Pindi)

大使館やオフィスが並ぶ整然としながらもおかしな町イスラマバードの隣町ラワールピンディーは、市場や商店が並び、とても活気に溢れている。珍しいレッカー移動の写真も。
旅行時期:2004年3月
LinkIcon「ラワールピンディの写真」を見る

風の谷フンザ(カリマバード)はアプリコット満開の季節がおすすめ(パキスタンの写真)

フンザ (Hunza)

言わずと知れたバックパッカーの人気滞在地のひとつフンザ。アプリコットの花が咲き乱れるまさに桃源郷の時期に行ってまいりました。渓谷以外にも氷河や温泉など見どころたくさん!
旅行時期:2004年3月
LinkIcon「フンザの写真」を見る

パシュトゥン人の文化を持つペシャワール。特に旧市街はすごい(パキスタンの写真)

ペシャワール (Peshawar)

アフガニスタンを除く場所と限定すれば、南アジア最大のカオスかもしれないペシャワール。旧市街は魅力のカタマリです。地の果てまで来たと思える素晴らしきペシャワールの写真。
旅行時期:2004年3月
LinkIcon「ペシャワールの写真」を見る

リピートしたい場所:ペシャワール、フンザ (どこも良かった)
次回以降に狙っている未到達の場所:チトラール、カラチ、モヘンジョダロ、ハラッパ

What's New

※過去3か月分の更新履歴です

※写真レンタル承ります。各種取材・撮影・執筆を承ります(雑誌『庭』の連載など執筆実績が通年けっこうあります)。地震や津波など各種防災関係取材・撮影・執筆承ります。
>>お問合せはコチラから(greenmist経由)