インドとパキスタンが日没時に競って国旗を降ろす式典(waga=インド、パキスタン国境)の写真
HOME > 訪問した街の写真 > パキスタンの写真 > ワガボーダー国旗降納式の写真/パキスタンの写真と旅行記の「sawadee!!kikou」

インドとパキスタンの国境、ワガボーダーでの国旗降納式典(パキスタン、ラホール郊外)

wagaボーダー国旗降納式

ラホールのリクシャワーラー(パキスタンの写真)

国境を目指す

インドとの国境を目指す。疾走するオートリクシャがラホールの風を切ってゆく。「そのカメラはニコンか?」。そんなことはどうでもいい。前を向いてくれ、前を。と思っていたが、写真を撮ると「ひゃっほー」と喜ぶのだった。

インドとパキスタンの国境、ワガボーダー(パキスタンの写真)

国境にやって来た

ゲートの向こうにインドのスタンドが見える。国境にスタンドを建てるとは、どういうことなのだろう。

パキスタンとインドの国境wagaボーダー(パキスタンの写真)

振り返ってみた

パキスタン側にもスタンドがある。インドとは違い、男女の座席が分けられている。そう、ここはイスラム教文化のパキスタンなのだ。

パキスタンの軍人(パキスタンの写真)

男たちが歩いている

式典を前に下っ端の軍人がうろうろしている。上司からの伝令を伝えているようだが、徹底できているかは甚だ疑問である。

印パ国境のwagaボーダー(パキスタンの写真)

ゲートは閉まっていた

本格的に式典が始まるまでは、会場を散歩することができる。ここを兵士が行進するんだな、ということが見たこともないのに分かる。道に染み込んだ兵士の汗が語りかけているのだ。

印パ国境のゲート(パキスタンwaga国境の写真)

謎の打ち合わせ

なぜか敵対しているはずのインド側の兵士と、ゲートを開けてまで言葉を交わす。行進開始のタイミングだろうか。

wagaボーダーはインドとパキスタンの国境

さらに謎の打ち合わせが続く

一度は話し合いが終わったと思ったが、また接触。何やら受け渡ししたように見えたが、オカネのわけもなく、何なのか今でも知りたい。

パキスタンの国旗とシャツを着た男のパフォーマンスが(パキスタンの写真)

緑色の男が現れた

スタジアムからは「パキスタン・ジンダーバード(万歳・永遠なれ・がんばれ、などの意味)」の歓声がたびたびわき起こる。突然、ゲートの奥から全身パキスタンカラーの男が旗を持って現れた!

パキスタン側で国旗を振る男(パキスタンの写真)

インドを挑発

そのまま男はゲートまで走り、旗を振って大声で叫んだ。スタジアムからは彼の行動を後押しするような歓声がわき起こる。ゲートの向こうでは、対抗するようにインドの旗が振られていた。

DSCN3483.jpg

お爺さんの背には

一段と大きな歓声がわき起こった。またも、パキスタン国旗とシャツを着た人が走ってくる。よく見ると、お爺さんだった。国旗降納式に来る人にはお馴染みのお爺さんのようで、たくさんの歓声を背負って走っていた。国を背負うということは、一般庶民でも可能なのだ。

印パ国境で国旗を振る爺さん(パキスタンの写真)

印パどちらにも旗を振るということ

爺さんの経験は、前を走った男よりも一枚上手だった。インドにもパキスタンにもがんばって旗を振る。パキスタン人にはパキスタン代表かもしれないが、海外から来たただの旅行者には、両国に対するエールのようにも見えた。印パの関係を知れば知るほど、そのようなことはないはずなのだが、そこが人生の先輩のなせる技なのだろう。

パキスタン国旗を振るお爺さん(ワガ国境の写真)

爺さんにはかなわない

ひととおり旗を振り終わると、爺さんは旅行者たちの方へ駆け寄ってきた。そして一人ずつ握手をして「サンキュー、サンキュー」と言うのだった。

パキスタン国境のゲートの写真

さらに歓声は大きくなる

爺さんのときでも大きな歓声だったが、さらに歓声が大きくなっていく。「パキスタン、ジンダーバード」「パキスタン、ジンダーバード」。日頃のパキスタン人の印象とはほど遠い大声に、「インドには負けたくない」という意思を感じる。

入場するパキスタン軍の兵士たちの写真

ついに行進が始まった

逆光を背に入場してくるパキスタンの兵士たち。毎日のことなのに、負けられない試合のような空気が場を支配する。「パキスタン・ジンダーバード」「パキスタン・ジンダーバード」「パキスタン、ジンダーバード!!!」

パキスタン軍兵士の敬礼の写真

キビキビと

兵士たちは入場してくると、一人ずつ上官に対して敬礼し、持ち場につく。

パキスタン軍兵士と上官の写真

勲章の有無

どの社会でもそうだが、勲章のある者とない者とでは、立つ位置が違う。ない者は、いつかある者の方へと移動したいものだ。彼はどのような気持ちで上官と対峙しているのだろう。

ゲートが開いてもうつむくパキスタン軍の上官

上官とは

上官も人である。彼が、国のことを考えているのか、今日の晩ゴハンのことを考えているのか、それとも何も考えていないのか、それは彼本人にしか分からない。そして、ゲートは開かれた。

パキスタン軍兵士の行進の写真

威嚇するような足音

インドを、インドを踏みつける!そう宣言しているかのような行進。足を振り上げ、降ろすだけの行動に、ここまでの迫力と決意があるのだろうか。国同士の争いは、無益だが大きなチカラを生み出すものなのだろう。

インド軍の兵士とパキスタン軍の兵士の行進が終了した写真

両軍の行進が終わった

気が付けば、インド側も兵士の行進をしているらしく、盛り上がっている。そして、両軍の行進が終わり、張りつめた無音の空間が印パ国境を支配した。

インド軍の兵士とパキスタン軍の兵士はお互いを見せあうように行進する

国旗へ

両軍の兵士が、国境のラインのそばを行進する。目も合わせない、ただ、相手を威嚇する行進を見せつけあう。

行進の音楽を担当するパキスタン軍兵士の写真

2008.9.19

音楽担当の兵士が見つめる先は、自国の代表が行進する姿。

インドとパキスタンの国境で行われている国旗降納式典の様子の写真

そして国旗が降ろされ始めた

思ったよりもゆるやかに、両軍の兵士が国旗を降ろし始めた。息を合わせるというよりは、競輪競技の序盤のように、相手の出方を探っているかのように見える。

インドが国旗を降ろす手を早めた(印パ国境の写真)

インドがペースを変える

以前はひたすら早く降ろすことを競ったこともあるらしいが、現在は友好的にゆっくりとセレモニーを行っているとのこと。ん?なんかインドの方が早く降ろそうとしていないか?

インドとパキスタンは敵国同士。国旗を降ろすだけでも対決する(インドとパキスタン国境の写真)

それでも様子を探りあう

インドも早く降ろし始めたなら、降ろせばいいものを、微妙なリードを守るように降ろす。あたかも僅差で勝ちたいかのように。だが、パキスタン側は挑発に応じず、一定したゆっくりとしたスピードで降ろしていった。
そして最後の数十センチ、両軍兵士はまるで競馬や競輪の差し足のように、そこだけ本気で降ろしたのだった。

国旗を無事に降ろし行進をして引き上げるパキスタン軍兵士の写真

今日の役割を終えて

意気揚々と引き上げる兵士たち。スタンドからは「パキスタン、ジンダーバード」「パキスタン、ジンダーバード」という歓声が雨霰のように降り注ぐ。

国旗降納式典を終えて(パキスタンの写真)

応援後は仲良く帰宅

昨日も一昨日も、明日も明後日も、そして今日も同じ式典である。だが、ラホール近郊に住む人々は、一種の義務として応援にやって来るという。明日も、同じ光景が続く。

パキスタン国旗とシャツを身にまとった男の写真

彼が爺さんになっても

このままの印パ関係ならば、彼はおそらく何十年後かに名物爺さんになるのだろう。歴史は繰り返すが、印パ関係の複雑さを垣間みた旅となった。