備蓄をゆるやかに
さて、まだまだ物資が足りない所もあるけれども、
基本的に必要最低限の物資が行き渡ってきたとのことで、
ちょっと前から気になっていたことを。

そろそろ、備蓄を始めませんか。

水とかはお子さんがいる家庭優先、
被災地が足りない!と言ってるものは被災地優先として
在庫がほぼ元通りに戻ったジャンルからです。

今日、スーパーに行ったら、お菓子はありましたし、
カップ麺もたくさんありました。
まずはこの辺りから備蓄するのはどうだろうと。

備蓄を推奨する目的はふたつあります。

ひとつは、待ったなしの地震が目の前にあるから。
今後30年の間に震度6以上を喰らう確率ってのが発表されています。
http://www.jishin.go.jp/main/chousa/07_yosokuchizu/img/f1-1-1.jpg
これは2007年版ですが、この時点で
宮城県沖と東海地震は90%を超えていました。
冷静に、今後30年の間に、乗っている飛行機が落ちる確率や
交通事故に遭う確率、大病を患う確率なんかと比較してみると、
地震って、やっぱりぶっ飛んで高い確率で今後の人生を脅かすものです。
自分を守るのは、まず自分。
そういう観点から、余ってる商品ジャンルから
備蓄していこうよ、というわけです。

これまで、地震災害に備えるには、3日の備蓄が必要とされてきました。
確かに、阪神淡路や中越クラスでも、局所的な災害であれば
3日後に物資がある程度入る仕組みはできつつあります。
でも、今回の災害を見せられてしまうと、
本当に3日でええんかと。

また、現在は、
日本の食の一端を担ってきた東北と北関東が危機的状況です。
そこにもう一個災害が来たら…と考えると、
5日〜7日はあってもよいのかと思います。
とりあえず、ウチは5日分が目安でしょうか。
備蓄しておいて自分のところに来なければ、
物資としてあげたらいいし。


そして、もうひとつの備蓄すべき概念は
ずばり「消費」です。
生活用品同様、生きるのに必要なものを買うわけですから
ムダなオカネのかけ方ではありません。

みんなが3〜7日分の備蓄を(ゆるやかに)開始したら、
日本経済の底支えに絶対になります。
できれば、日本産の度合いが高いものほど貢献度大。
さらに商品が出てきてかつ安全と各自判断できたら、
今回の被災地・風評被害地のものを優先すると、尚◎です。

世界の人たちは、大変ありがたいことに
寄付もしてくれますし、エールを送ってくれます。
でも、今後、日本製というだけで、
購買意欲が上がるわけないのは火を見るより明らかです。
***以下、自己懺悔
チェルノブイリ以降、ヨーロッパ産を買いにくい時期がありました。
雨が降ったら、禿げると当時ウワサしました。
イタリアのチーズで放射能が出た!!!と聞くと、
北部のパルマ産も、中南部のナポリ産も同じ印象でした。
幼かったとはいえ、他国の詳しい地名なんて分かりません。
国というものが報道で前面に出る以上、多くの人は
国単位でモノゴトを見るし、見られるのだなぁと。
*****

つまり、これまでと同様の外需は期待できません。
内需で支えなきゃならない。
だから、まず、絶対に必要なものから
消費を上げていこう!ってわけです。

よし、次に商品が余り始めたらだけど、
ウチはどこのか分からん懐中電灯を
国産に買い替えてみよう。


てことで、できることから、コツコツやっていきましょう!
という日記でした。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<サイトを引越しました | 相馬と新地町 >>