神戸のシナゴークとジャイナ教寺院
せっかく下のエントリーで神戸モスクについて書いたので、
この日に訪れた神戸のその他の珍しい宗教施設についても書いてみます。

キリスト教系の教会も宗派が分かれて点在し、
ひとつひとつの宗派としても珍しいのですが、
そこまで書き始めるとかなりの量になるので
大まかな宗教の切り分けで珍しいものを。
ちなみに神戸モスクも含め、
シナゴークも、ジャイナ教寺院も北野坂にあり、
さまざまな観光マップに記されています。

まずは、シナゴーク。
P5085964.jpg
【オリンパスE-300 14-54mm F2.8-3.5で撮影】
関西ユダヤ教団とプレートに書いてありました。
見学を希望しましたが、中に入ることはできませんでした。
ちなみにwikipediaによると日本には
東京の広尾のシナゴーク
私が訪れた神戸の北野坂のシナゴーク、横浜と名古屋にもあるそうです。
(しかしながら横浜と名古屋は検索で見つけることができず…)
神戸は手塚治虫「アドルフに告ぐ」で出てくるように
第二次大戦以前からけっこうユダヤ人がいたようです。

続いてジャイナ教寺院。
P5085972.jpg
【オリンパスE-300 14-54mm F2.8-3.5で撮影】
いま30分ほどネットで調べてみましたが、
おそらく日本で唯一かもしれません。
大理石をふんだんに使い、いかにもという彫刻が施されています。
訪れた時間が悪かったのか
「見ていいですか?」と聞くと、
「いいよ」とアッサリOK。
でも、調理に忙しそうで、「勝手に見ていって」という感じ。
中はこざっぱりしていますが、大理石のせいか
非常に落ち着いた空間という印象です。
どんな拝み方をしているのか、
可能であれば次回は礼拝している人がいる時間帯に
訪問しようと思います。

子どもの時から知っている神戸ですが、
いろいろと海外で知識を得て帰国し
その目で神戸を見てみると、
な〜んにも知らなかったということがよく分かりました。
そして、いまの私もまったくの無知なんだろうとも。
やはり現地に身を置き実体験することで
今まで当たり前だったことも新しい知識に変えていけるんだと感じた
アラサー旅ライターのuracciでした。

*****ジャイナ教/wikipediaより一部抜粋*****
仏教の開祖釈迦とほぼ同時代のマハーヴィーラ(ヴァルダマーナ、前6世紀-前5世紀)を祖師と仰ぎ、特にアヒンサー(不殺生)の誓戒を厳守するなどその徹底した苦行・禁欲主義をもって知られるインドの宗教。
wikipedia「ジャイナ教」の全文はコチラ
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<京都競馬場 | 神戸モスク >>