神田大明神
夜の東京をぶらり。

と言っても、繁華街ではなく、
人の少ない湯島界隈をぐるりと徘徊。

秋葉原方面から坂を上っていくと
突然、神田大明神が現れなすった。
なんと太っ腹なことに、
夜も更けているにも関わらず門は開いている模様。
引き込まれるように中に入っていった。


この日は、夕方〜21時くらいまで雨。
その後、晴れの予想。

神田大明神に着いたのは22時くらいだったか。
どんどん雲が流れ去り、
都会特有の星座が分からない夜空が上空を覆う。


雲がひとつ、ふたつ、みっつ…
もの凄いスピードで駆けてゆく。
時間が止まったかのような
「静」を物語る夜の神社。
風雲急を告げるかのように
「動」を見せつける雲たち。

思わず楽しくなって持っていたカメラで写真を撮影してみた。
(クリックで拡大します)
_5173161.jpg
オリンパスE-3 レンズ:14-54mm f2.8-3.5

カシャッと音がして出てきたのが上の一枚。
静かな夜の東京も、なかなかのもんです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<ブルガリアその1 | <スリランカ>大統領「勝利宣言」内戦25年終結へ >>