猪木、北方領土で平和の祭典?!?!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101118-00000000-dal-fight

ニュースを見て、思わず
「下働きでも何でもするので連れて行って…」
と思った。

知ってのとおり、北方領土は日本固有の領土。
でも、実行支配しているのはロシア。

つまり、ロシアVISAを取得し、
さらにパーミットを取ってしか行けません。
そして、この行動はもちろん
「北方領土はあちらさんのものだ」と認めた行動になります。

ずっと、行きたくて行きたくてうずうずしていて
何か方法はないか、10年以上ずーっと考えています。

もちろん、北方領土にゆかりがある家柄ではないので
訪問団には入る資格もありません。
何らかの協会などに入り、さらにその中で活躍して訪問団に入るというのも
これまた遠い道。

そんな時に見たこのニュース。
ぜひ、やってください。
そして、私めに労働使役の任務をさせてください!!!


久々の日記が、これですわ…。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
あついあつい安諸定男親方の土塀講習会
_8254444.jpg

炎天下の中、東京は青梅の明星大学にて、
いつも追いかけさせていただいている
安諸定男親方の土塀講習会がありました。

空は青く、真夏の太陽。
敷地内には、熱い魂を抱いた日本を代表する若手庭師たち120名。
+、大学生やら、ワタクシのようなライターやら、
カメラマンさんやら、編集長やら、VTRの撮影隊が
ひとつの土塀に向かって取組んでいたわけです。

土塀をつくるのは大変で、

_8233897.jpg
腰積という石を土台として組む作業があったり

_8233894.jpg
土塀のメインともいえる泥をこねる作業があったり。

はたまた
中の構造をつくったり、軒をつくったり、瓦を敷いたり、
それはそれは大変な手間と労力がかかっています。

そして、その技術と歴史と伝統と日本人の魂を学びたいという
庭師たちの手で

_8254394.jpg
土塀は3日という短期間で、完成したわけです。

ね、いいでしょう?
とは、お世話になっている安諸親方の弁。

本当に本当に美しい土塀が青梅に誕生しました。


(余談)
これまで、趣味のホームページとして
海外旅行の記録を掲載してきたわけですが、
仕事で関わる人たちからも見ていただく機会が増えてきたので、
実績やら何やら、
仕事っぽいページもをつくってみようかな、なんて考えています。
まずは、庭師の方々へのリンクページからつくろう!
御覧いただいている人たちの多くは、旅好きが多いとも思いますが、
みなさん、新コンテンツご期待ください。

あ、もちろん、いまアップ中のアフガニスタンの写真やら
とある方に約束したシリアのページなどなど、
旅行コンテンツのページも継続してがんばります。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する