バーミヤンの写真をアップ
アフガニスタンの写真」に「バーミヤンの写真」をアップしました。

2004年の1年旅で、実は最も行きたかった場所、バーミヤン。
本当は大仏が存在していた頃に行きたかったのは山々ですが、
情勢をずっと見ていた上でも危険で行くことができませんでした。

時が変わって2004年。
タリバンの駆逐と選挙前という間隙を縫って、アフガニスタンへ行ってまいりました。


バーミヤンは、カブールやジャララバード
マザーリシャリフ、カンダハル、ヘラートなどと異なり
山中深くにある上、標高も高く、都市というより町、
いや村といえる規模かもしれません。

丘に登って町を見ると、のどかな農地と
わずかばかりの人家・商店が見渡せます。

DSCN0014.jpg

世界遺産の危機遺産に登録されている
バーミヤン遺跡群の中に描かれた仏像の数の方が多いでしょう。

そして、タリバンの痕跡は、やはり目の前にあり、
ニュースがウソでないことを思い知らされました。

DSCN4705.jpg

前の「バンデアミール湖の写真」のエントリでも書きましたが、
平和になった際、また行きたいところの有力候補です。

撮った写真の一部ですが、お楽しみいただき
現地の雰囲気を感じていただければ幸いです。

次はドゥシとサマンガーンをアップしようと思います。
ネット上にほとんど写真がない町なので、
ぜひ、ご期待ください。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
バンデアミール湖の写真をアップ
アフガニスタンの写真」に「バンデアミール湖の写真」をアップしました。

バンデアミール湖は、バーミヤンのさらに奥にある
とても神秘的な色をした湖です。

荒涼とした山の中に、突如現れるコバルトブルーの湖。
見たときの感動は、一生、続くほどだと言えます。
このコバルトブルーの湖、
実は曇の天候下で見ると、紫色に見えます。

DSCN4729.jpg

また、この湖の中央にはモスクがあり、
人がほとんどいない中、
神聖な空間として、訪れるものを魅了します。

DSCN4743.jpg

水だけでなく、
この美しい水と、荒涼とした山々、
そして自在に形を変えてゆく雲。

DSCN4776.jpg

混然一体となった、人を近寄らせぬ風景が広がるバンデアミール湖。
また、平和になった際には、ぜひ再訪したい場所の筆頭です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する